• HOME
  • 記事一覧
  • 知識
  • 荷物の仮置き・車内収納におすすめ!手軽におしゃれな車内を実現する「カゴ収納」の活用アイデア&実例
収納カゴ

荷物の仮置き・車内収納におすすめ!手軽におしゃれな車内を実現する「カゴ収納」の活用アイデア&実例



フックにひょいっと引っ掛けて。「カゴバッグ」も収納になる!

カゴバッグ

いろいろな素材や形、大きさのカゴがあり収納グッズ使うことができますが、実は筆者が車内で収納として1番多用しているのは「カゴバッグ」なんです。

カゴバッグというと「夏に使うもの」「ファッションアイテムのひとつ」というイメージが強く、実際そのような用途でしか使用したことがない方が多いかもしれません。

しかしフックなどを使って壁やシートにカゴバッグを引っ掛けることで、狭い車内で色々なアイテムを収納することができる「収納スペース」として役立てることができるんです。

カーショップにいけばシートに取り付けることのできるフックが売っていますし、筆者のように車内にフックを取り付けることができる状態であれば、お好みの場所に必要な数のフックを取り付け、最適な大きさのカゴバッグを掛けておくことができます。

ある程度の大きさや深さがあり、中にポケットがあるタイプのカゴバックをチョイスすれば、収納力も劇的にアップします。

筆者は主に寝るときに使用するマスクやハンドクリーム、夏場に枕元で使用する小型のUSB扇風機、ランタン用の乾電池などを収納しています。

細かいものはバッグのポケット部分に収納しておけば、さっと取り出して使ったらすぐしまうことができますし、収納時もフックにカゴバッグをかけるだけです。

またカゴバッグを色合いや形の違うものに掛け変えることで、車内のちょっとした模様替えが可能になりますよ。

スルガ銀行キャンピングカーローン

「カゴ収納」で、収納力をアップしながらおしゃれな車内インテリアに

車内インテリア

今回は、「カゴ収納」をおすすめする理由や活用方法・仕様アイデアなどを、筆者が実際に車内で使用している写真と共にご紹介しました。

自然の素材を使用して作られたカゴは、使っていると見栄えの良さだけでなく、温かみや安心感を感じることができます。

メーカーや店舗によってさまざまな素材・大きさ・深さのカゴが発売されていますので、車内のスペースにぴったり合った大きさのカゴを見つけることも容易なのではないでしょうか。

筆者は車内でもいくつかカゴを使っていますが、自宅でもカゴを多数所持し、キッチンやリビング、寝室や洗面所などあらゆる場所で細々としたものを入れ、インテリアを兼ねた収納用品として活用しています。

現在では無印やIKEA、ニトリなどのインテリア関連のショップはもちろん、100円ショップやスリーコインズなど安価な雑貨店でも、豊富な種類のカゴが販売されています。

安いからといって使い勝手が悪いということもなく、用途がはっきりした状態で大きさをきちんと考慮して購入すれば、「購入したけど使わなかった」なんてこともありません。

ぜひご自身の好みや車内スペースに最適なカゴを見つけ、収納グッズのひとつとして便利に活用してみてくださいね。