灼熱地獄の真夏の車中泊を乗り切ろう!エアコンに頼らない涼の取り方特集

知識

真夏の車中泊はしんどい

「夏はキャンプのシーズン」のように思われているが、余程涼しいところにでも行かなければ、車中泊には受難のシーズンでもある。良い寝袋や良いマットがあれば電気仕掛けなどなくても寒さは凌ぐことができる。

しかし逃げられないのは寒さより暑さだ。どちらかと言えば寒いのが嫌いで、冬より夏、寒いところより暑い所の方が好きな私だが、気持ちだけではどうしようもない、生物として耐えられる限度というものがある。

エアコンをつけたままにしておくためにアイドリング状態で道の駅や高速のPAで長時間駐車するのは世のために良くないから反則技だ。無駄な排ガスも良くないが、道の駅とかで夜中にエアコンのせいで度々エンジンがグワーっと唸りだす車がいるが、あれは本当に迷惑だ。

停車中に使えるエアコン装備の立派なキャンピングカーも、サブバッテリーだけで長時間使用するのはかなり厳しいようで、現実的にエアコンを長時間使えるのは電源の取れるRVパークなどにほぼ限定されてしまうようだ。

しかし、実際にこれまで私は夏の車中泊をエアコンなしで乗り切ってきたわけでもあるし、これからもエアコンなしで快適に暮らせる方法を更に研究して行きたいと思っている。なので、今回はエアコンの使用以外での夏の夜の暑さ対策などについてお話したい。