• ライター

空と風

空と風

仕事もプライベートもなのですが、わたしは、空を見て、風を感じて生きていきたいと思っています。人生は半生を超えましたが、夢はまだまだ広がっていきます。たくさんの出会いや絆に巡り合うことを期待して、日本中を旅していきたいです。ここでは、私と家族、そして、エアストリームと共に、珍道中な旅姿をお送りしていきます。

空と風の記事一覧

市街地を走行するエアストリーム

キャンピングトレーラー身動きが取れない状況に!?けん引時の乗り心地や...

憧れの銀色に輝くキャンピングトレーラー「エアストリーム」が納車されて約1ヶ月。練習走行も兼ねて、普段よく行く横浜周辺のドライブコースを、エアストリームを引っ張って走ってみました。当記事では、エアストリームをけん引した状態での市街地での乗り心地や燃費、またキャンピングトレーラーならではの冷や汗体験をご紹介します。

カイエンに牽引されるエアストリーム

エアストリームついに納車、と思ったら。トレーラーならでは課題が続々。

キャンピングトレーラーを手に入れるために、必要な準備や課題について実録でお伝えしています。念願のキャンピングトレーラーを購入しても、ヘッド車とトレーラーの保守点検・整備、そして、ヒッチメンバーやその他補器類の装着しなければなりません。今後キャンピングトレーラーの購入を考えている方は、ぜひ参考にご覧ください。

エアストリーム 購入

エアストリームに一目惚れ。キャンピングトレーラー購入までの道のり

キャンピングトレーラーは購入すればすぐにけん引できる訳ではありません。トレーラーの重量によってはけん引免許が必要ですし、ヘッド車(トレーラーを引っ張る車)にヒッチメンバー、車両登録手続きなどの様々な手順があります。購入までにどういった準備が必要なのか、エアストリームを購入した筆者の実体験に基づいてご紹介していきます。

開けた自然の中に停められたエアストリーム

キャンピングトレーラーの魅力とは!?エアストリームのオーナーが解説

日本においては、まだマイナーなキャンピングトレーラー。ヘッド車と切り離せることから自由度が高く、オーナーのニーズに合わせた多種多様な使い方が可能です。当記事ではアメリカンキャンピングトレーラー「エアストリーム 」に一目惚れして購入した筆者が、キャンピングトレーラーの魅力や、アメリカ車・ヨーロッパ車の特徴をご紹介!